■匿名
石◯滉の手口
今から思うと自分の馬鹿さ加減に呆れますが、当時は信じ込んでいました。
そのため深入りしてしまいました。

下記で関西に来ているとき主に神戸駅近くのCホテル、元町駅近くのPホテルに泊まっています。
ホテル代は自分で出していますが、会った際の食事代は施設に財布を管理されているからと財布がないと言ってきます。
なので基本、こちらが出していました。たいしたところは行ってません(ハーバーランド内のフードコートがほとんどです)
 
・オフ会できっかけを作りメッセージでやり取りを始める
・数回のやり取りのあと、ラインに移行
・お茶に誘ってくるようになる。
・5~6回くらいお茶の回数を重ねる
・6回目ぐらいで、これからする仕事が危険であると言ってくる。
・その仕事が終われば、結婚前提として付き合ってほしいと言われる。
・交際が始まると連絡はマメ(電話、ライン)毎日
・数か月に1・2回の回数で会う
・会うたびに午後になってくると頭痛や腹痛を訴える(仕事のストレスと言ってくる)
 頭痛の回数が多い
・ラインの内容も倒れて病院で点滴してるや高熱出てるというのが出てくる
・最初の仕事が終盤になるくらいに別の仕事が入って会うのが長引くようになる
・その仕事が終盤になると、また体調崩したと言って知人の医師(おそらく架空の人物)
 に診察してもらったと連絡してくる
・診察結果が深刻なものと言ってくる(私の時は国指定の難病ALSでした)
 このまま付き合うと自分の存在が荷物になるから別れようと言ってくる。
・医師のつてを使って治験するために筑波理研に行くと言い特殊な場所で面会できないと言ってくる
・治験の一環で一時期関西に戻るから会わないかと言ってくる(数回ありました)
・治験が失敗して起きたら体がチューブだらけという内容がラインで来る
・疲れたと言ってラインを抜ける。(これ以降、電話、ライン出来なくなります。)
ラインのブロックではなくシムカードを抜いたんだと思います。
これ以降はライン・ライン通話ができなくなったのでメールでやり取りしていました
・これ以降も会う時期を決め治りかけると、また別の症状が出たと言って延期してきます。
IP:121.81.183.75
UA:Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 13_2 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.3 Mobile/15E148 Safari/604.1