元KOYO証券の社員ですが、あまりにもやり口がひどいので退職しました。ここでは社員が課せられているやり方を暴露させて頂きます。

まず、顧客とのファーストアプローチ、口座を開設させるまで、口座開設後など全てマニュアルで決まっており、こう言われたらこう返すと言うのも何度もロールプレイさせられます。
大手とは違いますので、顧客の方から寄ってくるということはありませんので、入社したての若手社員が飛び込み営業をして名刺などの情報を集めます。名刺がもらえない場合は、会社名や住所などを控えて帰社します。次に中堅の社員が電話しますが、ここで経済情勢が良くなってきているなど、ここで買いを入れると1年後には1000万円くらい抜けると捲し立ててきます。忙しいと伝えると、日を改めてまたかけてきて、良いことばかり喋りまくります。話を聞くと、挨拶だけでもさせてほしいと強引に予定を入れます。仮に相手がすっぽかしてその時間に居なかったとしても、会うまでこれを続けます。
会った後は、また電話攻撃をします。今一時的に下がっており、これは上がるサインなので今買わないと損だと捲し立てます。相手が折れて取引に応じると、もう最後です。会社は手数料で儲けたいだけなので、売り買いを何度も強要します。1枚の片道が4400円ですので5枚なら買うだけで22000円、売っても22000円かかります。
上がり調子で買っても、当然上がり続けることはないので、20ポイント下がっただけでも、少し資金を入れないとロスカットの恐れがあると脅しを入れるか、もしくはここで売って下がった時に買い戻さないかと提案します。もし資金を入れると、この繰り返しで手数料が嵩み、いずれ資金が底をつきますが、手数料さえもらえれば良いのでそんなことは知ったことではありません。あえて反対を提案をして、またすぐに決済させるようにします。つまり、下がる時は、ここで売らせてまたすぐに買わせるか、売りに従わない人には資金を入れさせます。
頭の回転の良い方はお気づきだと思いますが、この方法では勝てる訳がありません。
だいたいよく考えてみてください。片道4400円と言うことは、決済時より87を超えないと決済しても利益など出ない計算で、この87と言う数字は、かなり厳しい数字です。こうやって一人沈み、二人沈み、5人沈み、10人沈みして新規を開拓していって存続しているわけですね。大手と違って宣伝広告費もかけられませんので、こうやって生き延びるしか無いわけですね。

では大手は損させたことは一切ないのか?と言うと、そんなことはありません。KOYO証券のネットの書き込みも酷いですが、ほぼほぼ正しいです。ですが、これを指摘された場合、大手は大金を使ってその都度悪い書き込みを削除していると答えるように強いられます。

こういう会社ですので、絶対にKOYO証券に口座を開いて取引をしてはいけません。営業はかなりしつこいですが、無視する勇気、断る勇気が必要です。
ここまで暴露しているのに、KOYO証券と取引をしたいのであればどうぞ。数ヶ月後に必ず後悔しますし、同時にあの元社員の言う通りだったと思われると思います。
IP:153.137.101.130
UA:Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 13_3 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.4 Mobile/15E148 Safari/604.1