現在、新宿御苑前駅近くに『竹江綜合事務所』なる事務所を構える上記、KCC総研、TOKIOプロジェクト21の実質的代表である竹江 覺は退職金を保有する企業退職者をターゲットにした詐欺手法で、当該会社に雇用し雇用契約後は間髪を入れずに企業活動の資金名目で元部下の芳賀と共に言葉巧みに社債購入を強く勧めた。
雇用状況の悪かった時代に当該詐欺会社に再就職した民間企業の元従業員達は家族の事も考え、折角の雇用機会を無駄にしたくない為、彼等のやり方に違和感を覚えたものの、追加社債の購入要求も呑んでしまった従業員が多かった。
詐欺師達は一定期間、従業員を在籍させ形ばかりの給与は現金支給で行ない、債券購入についても同様に足のつかない現金で要求し跡を残さないように徹底していた。そして多くの被害者は雇用後1年以内に解雇され返済期限が来て面談を申し込んでも返済意思は示すものの返済時期の延期要請を繰返すばかりが共通パターンである。訴訟等の結果、返済に応じてもごく一部を返済するだけで終わりである。また短期で解雇するのは被害者である元従業員達の横の繋がりを切る為の手法です。
芳賀(竹江社長の知恵袋)は通常、従業員達と事務所で共にしていたが、従業員同士が私語を交わすことを極端に忌み嫌いよく注意をしていました。シニア世代の会社OBの従業員に対してです。その理由は従業員同士の情報交換、横の繋がりをさせたくないからでした。
この詐欺事案について、我々被害関係者は総被害者の数は20名を下らないと見ています。
本詐欺事件で被害に遭いKCC総研、トキオコートに在籍のあった人はこのサイトに反応頂きどうぞ情報共有してください。またお知り合いの他被害者にも働きかけ・本件の拡散をお願いいたします。
IP:221.251.86.74
UA:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; ) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/81.0.4044.122 Safari/537.36